目の下の青い、黒い、茶色いクマの原因や種類そして対策

目の下のクマ 目の下のクマ

女性の年齢を感じさせることも多い目の下のクマ。当ブログにてもアイキララが人気です。

アイキララは目の下のクマ対策では有名なので検討されている方も多いでしょう。しかし購入に踏み切る前に目の下のクマについて知っておいたほうがいいかも知れません。

目の下のクマの週類や原因を知ることでふさわしい商品がわかるかもしれませんね。

 

目の下のクマには青クマ、黒クマ、茶クマがあります。

それぞれに原因は違いますので順番に見ていきましょう。

青クマ

青クマについて理解するために自分の手を見てみて下さい。青いですか?血管の当たりは青いですよね。私は緑っぽいですが。むかし子供の頃肌がすごく白い子がいて血管が見えていて紫っぽいなと思いましたがそれがまさに青クマの原因です。

つまり目の下の血管が原因なわけですね。その中でも特に血行不良が原因と言われています。なぜ目の下だけそのようになるかというと目の下は皮膚が薄く、脂肪が少ないからです。つまり目に付きやすいというわけですね。

可能性としてはストレスによって分泌されるコルチゾールの結果忍耐する作用(拡張、収縮)で徐々に血管が太くなって目立つというもの。またアレルギーや鬱血によるものもあります。

青クマは血管の鬱血や血行不良という原因に加え加齢により脂肪が薄くなることによって目立ちやすくなるという両方の原因によります。

したがってある程度年齢によっては避けられないものでもあるんですね。年を取るのは宿命ですからあまりあらがっても仕方ありませんが20代や30代では早すぎます。美しく老けていくために一緒に対策をしてきましょう。

青クマの対策

青クマの原因は血管ですから第一に結構を良くすること、第二に目の下の皮膚や脂肪を厚くすることができれば目立たたなくなるはずです。

そのため自分でできる対策としては暖かくしてマッサージなどをすれば改善する可能性が高いでしょう。

黒クマ

黒クマは目の下のたるみが原因で出来るクマです。加齢により眼下脂肪飛び出して影を作りそれが黒く見せているわけです。

黒クマの見分け方は、黒クマは肌が黒ずんだりしているわけではないため上を向いて手鏡で見た時に不通の肌色なら黒クマだと判断できます。

もう一つの理由は目の下の皮膚のたるみにより影になるというものです。

黒クマはたるみなどが原因のため目の下の筋肉を鍛えることでも改善できます。やり方を紹介しておきましょう。

黒クマの対策


やり方は上の歯茎だけ出るように唇を挙げ筋肉が痛くなるまでキープ。またほうれい線を伸ばすというものです。かなりおかしな顔になりますが実践してみて下さい笑

茶クマ

茶クマの原因は色素沈着です。皮膚を引っ張ったりしても色が変わらない状態を言います。目の下にどうやって色素沈着が起きるかと言うと紫外線によるものや摩擦によるものです。

メラニンが原因となるため色が濃い方のほうがなりやすいと言えるでしょう。またシャワーの時に目の下を強くこすったりすることも原因になります。

茶クマの対策

茶クマの原因は紫外線やメラニンなのでそれらに対する対策になります。具体的には帽子をかぶる、サングラスなどの紫外線対策、また目の下をなるべくこすったりしないことが色素沈着の対策になります。

 

いずれにせよ目の下のクマは付加させて見える原因です。目の下のクマ対策におすすめなのがアイキララです。

アイキララに関しては複数の記事で詳しくまとめていますので合わせてお読み下さい。

アイキララ

コメント